蟹を敬遠する人も多いです

名前からして美味しそうな花咲がにはどのようなかにかというと、北海道の東端、花咲あたりで獲れるかにの一種で、分類するとヤドカリというべきです。

見た目はかにと変わらず、味もかにとそっくりなので市場ではかにと一緒にして誰も問題にしていません。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、希少価値もあることから、ブランドがにとして有名なかにの一種です。

蟹の季節になりましたが、美味しい蟹に舌鼓を打ちたいなら、ぜひ蟹通販を利用して蟹を買ってみましょう。

初めての方でも安心ですし、蟹通販なら、北海道、山陰地方、福井県など、蟹の美味しい地域から直接、自宅に取り寄せることが可能です。

各地で獲れたばかりの新鮮な蟹に舌鼓を打つことができるのが、店舗とは違う蟹通販の利点だといえるでしょう。

また、傷物などの蟹を訳あり品として安く売っていることもあるので、かなりお得に蟹を味わえますから、上手に利用したいですね。

蟹といえば殻をむくのが面倒ですが、そんな方にオススメなのが、あらかじめ殻が剥いてある「ポーションタイプ」という商品です。

「えっ、一番おいしいのは活蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、あの殻を剥くのが面倒で蟹を敬遠する人も多いですよね。

そうした煩わしさ抜きで、簡単に蟹を味わうには、殻が剥かれたポーションの蟹を買い、それで蟹鍋をするのがプロも勧める最もお手軽な味わい方です。

また、蟹はやはり丸ごとでないと!という方は、身の崩れた蟹などを安く売っている「訳あり蟹」を選べば、お得に美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。

産地直送の蟹が美味しい地域として、多くの方が真っ先に連想するのは北海道で間違いありません。

色々な種類の蟹が日々水揚げされている北海道では、蟹の品種によっては北海道を上回る名産地もあります。

ですが、そうしたケースを差し引いても、トータルではやっぱり北海道の蟹が一番です。

しかし、そうは言っても、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースがままあり、少しがっかりさせられます。

蟹を調理していく場合には、蟹の保存状態に合わせた注意点のうち、特に大切なことと言えば、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。

多数の人々が早く解凍したいがために、水の中に蟹を入れてしまうことがあります。

もしそのようにしてしまうと、せっかくの蟹の旨みがなくなってしまうので、多少時間はかかりますが、ゆっくり冷蔵庫の中で解凍しましょう。

かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。

ゆで汁に塩を入れると、身が締まり、下味がつきますので、塩の入れすぎは逆効果です。

塩が入っているとわかれば大丈夫です。

丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったら食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて鍋に全て収めてください。

そして、茹でる前に全体の汚れを落とすと衛生的ですね。

ご馳走の代表格である蟹といえば、とにかく種類が多いですよね。

それぞれに味が違い、個人によって好みもバラバラだといえますから、WEB上の通販サイトなどで蟹を選ぶ際には、蟹の種類や呼び名、その特性を知っておくことを大事にしたいものです。

色々ある種類の中でも、特に人気のものとしては、皆さんご存知の、タラバガニやズワイガニなどです。

いずれの種類でも、大きく新鮮な蟹を選ぶようにするのが蟹通販で美味しい蟹を味わうための基本といえます。

どんな食品でもそうですが、おいしいかにを見極めたいなら、いわゆるブランド品のかにをあたってみるというのもありですよ。

直接見て買う場合、ブランドがにを探すのは簡単でどこかにタグやシールがついているはずです。

特定地域の漁港で獲れたかにであるという立派な証拠です。

当然ながら、それは味の証明にもなっているので、自信を持って産地を表示し、ブランド化に至ったわけです。